INTRODUCTION

INTRODUCTION

2012年に上梓された加藤シゲアキの小説デビュー作「ピンクとグレー」。現役アイドルが芸能界の嘘とリアルを描いた問題作は、瞬く間に話題作へと昇華、その文学性も高く評価され、後に執筆された同じく渋谷と芸能界を舞台とする「閃光スクランブル」「Burn.-バーン-」とともに「渋谷サーガ」3部作として、人気を博しています。この「ピンクとグレー」が満を持して映画化、2016年新春に公開となります。

大人気スター俳優・白木蓮吾の突然の死。第一発見者となった蓮吾の幼いころからの親友・河田大貴は、6通の遺書を手にする。遺書に導かれるようにスターの地位を手に入れた大貴が、迷い苦しみながらたどり着いた蓮吾の死の真実とは―。
同じ団地で育ち、同じ青春時代を分かち合いながらともに芸能界へと夢を追いかけていった連吾と大貴のふたりの葛藤と決裂、そして再会後、突如訪れた永遠の別れまでの前半。親友の死の真実を、蓮吾と同じスターの地位を手にした大貴が悩み迷いながら追い続ける後半。その狭間、幕開けから62分後に訪れる、「ピンクからグレー」に世界を変える、スクリーンで繰り広げられる“ある仕掛け”が、青春映画ともミステリーともカテゴライズできない、極上のエンタテイメントへと映画を押し上げます。

カリスマとして人気を博しながら、突如命を絶ったスター俳優・白木蓮吾には、本作が映画初出演・初主演となる中島裕翔を抜擢。その圧倒的な佇まいは、これからの映画界での活躍を予感させます。蓮吾の親友・大貴には、菅田将暉。『そこのみにて光輝く』(2014、呉美保監督)にて国内の映画賞を数々受賞、映画出演が次々続く若手演技派随一の俳優です。二人の幼馴染かつ初恋の相手であり、二人を見守り続けるサリーには夏帆、さらに、柳楽優弥・岸井ゆきのといった、若手実力派が集結、それぞれがかつて見たことのない印象を与える演技で魅せ、素晴らしい化学反応を起こします。

監督は、『GO』で日本アカデミー賞作品賞受賞・『世界の中心で、愛をさけぶ』で2004年実写映画の興行1位を記録、国内外から高い評価を得ながらも進化し続ける、行定勲。本作「ピンクとグレー」は、第20回釜山国際映画祭A WINDOW ON ASIAN CINEMA部門に正式出品が決定、行定監督としては自身の監督作品10作品目の公式上映となります。
脚本は、監督である行定に加え、演劇界の若き俊英、岸田戯曲賞受賞の蓬莱竜太。原作を大胆にアレンジ、観る者に驚きと感動を与える仕掛けで、ダイナミックかつ繊細に物語を紡ぎます。
そして主題歌は、ASIAN KUNG-FU GENERATIONが書き下ろし、きらめく青春から始まり主人公たちの辿る苦悩と葛藤そして成長を体現します。

大人気スター・白木蓮吾を死に追いやったのは、誰か?何か?
第一発見者である親友・大貴がたどり着いた死の真実とは―。

STORY

STORY

大人気スター俳優・白木蓮吾が、突然、死んだ。
第一発見者は幼い頃からの親友・河田大貴。
蓮吾に何が起きたのか?
動揺する大貴は、数通の遺書を手にする。
遺書に導かれ、蓮吾の短い人生を綴った伝記を発表した大貴は、一躍時の人となり、憧れていたスターの地位を手に入れる。
初めてのキャッチボール、バンドを組んで歌ったこと、幼馴染のサリーをとりあった初恋・・・。いつも一緒で、いつも蓮吾が一歩先を進んでいた―。輝かしい青春の思い出と、蓮吾を失った喪失感にもがきながらも、その死によって与えられた偽りの名声に苦しむ大貴は、次第に自分を見失っていく。 なぜ、蓮吾は死を選んだのか?なにが、誰が、彼を追い詰めたのか?
蓮吾の影を追い続ける大貴がたどり着いた"蓮吾の死の真実"とは―。

CAST

中島裕翔

1993年、東京都出身。ドラマ「エンジン」(05/CX)でドラマデビュー。2006年、舞台「DREAM BOYS」に出演。07年9月には、Hey! Say! JUMPが結成され、同年11月14日には「Ultra Music Power」で、CDデビュー。15年10月末において、Hey! Say! JUMPとしてシングル15枚、アルバム4枚をリリース。音楽活動と共に俳優としても着実に数々のドラマ・舞台の出演でキャリアを重ね、13年、国民的な話題作となった「半沢直樹」(TBS)にて主演堺雅人の部下サラリーマン役を熱演し、好評を博す。14年、「水球ヤンキース」(CX)で連続ドラマ単独初主演を務める。他、出演作に、「野ブタ。をプロデュース」(05/NTV)、「理想の息子」(12/NTV)、「弱くても勝てます ~青志先生とへっぽこ高校球児の野望~」(14/NTV)、「デート~恋とはどんなものかしら~」(15/CX)など。本作『ピンクとグレー』が映画初出演・初主演となる。

CLOSE

菅田将暉

1993年生まれ、大阪府出身。「仮面ライダーW」(EX)で、デビューを飾る。テレビドラマ、映画と次々に出演をし、主演作『共喰い』(13/青山真治監督)は、ロカルノ国際映画祭コンペティション部門に正式出品を果たし、同作で日本アカデミー賞新人俳優賞を受賞。翌年『そこのみにて光輝く』(14/呉美保監督)では、高崎映画祭最優秀助演男優賞、日本映画批評家大賞助演男優賞など、国内の映画賞を数々受賞。その他代表作に、テレビドラマでは「泣くな、はらちゃん」(13/NTV)、「35歳の高校生」(13/NTV)、NHK連続テレビ小説「ごちそうさん」(13)、「死神くん」(13/EX)、映画では『王様とボク』(12/前田哲監督)、『男子高校生の日常』(13/松居大悟監督)、『陽だまりの彼女』(13/三木孝浩監督)、『闇金ウシジマくんPart2』(14/山口雅俊監督)、『海月姫』(14/川村泰祐監督)、『暗殺教室』(15/羽住英一郎監督)、主演を務めた『明烏 あけがらす』(15/福田雄一監督)など。待機作に、『二重生活』(16/岸善幸監督)、『ディストラクション・ベイビーズ』(16/真利子哲也監督)、『星ガ丘ワンダーランド』(16/柳沢翔監督)、主演を務める『セトウツミ』(16/大森立嗣監督)など。

CLOSE

夏帆

1991年生まれ、東京都出身。2003年デビュー。07年公開、初主演映画『天然コケッコー』(山下敦弘監督)で、日本アカデミー賞や報知映画賞をはじめ多数の新人賞を受賞。08年には『東京少女』(小中和哉監督)、『うた魂♪』(田中誠監督)、『砂時計』(佐藤信介監督)と出演映画が続けて公開、日刊スポーツ映画大賞新人賞を受賞。その後多くの映画、テレビドラマを中心に活躍。主な映画出演作には、『きな子〜見習い警察犬の物語〜』(10/小林義則監督)、『任侠ヘルパー』(12/西谷弘監督)、『箱入り息子の恋』(13/市井昌秀監督)、『劇場版 タイムスクープハンター –安土城最後の1日–』(13/中尾浩之監督)、『パズル』(14/内藤瑛亮監督)、『海街diary』(15/是枝裕和監督)などがあり、テレビドラマでは「オトメン(乙男)」(09/CX)、「外交官 黒田康作」(11/CX)、「カレ、夫、男友達」(11/NHK)、「ヒトリシズカ」(12/WOWOW)、「みんな!エスパーだよ!」(13/TX)、「信長協奏曲」(14/CX)、「夢を与える」(15/WOWOW)、舞台では「万獣こわい」(14)、「グッドバイ」(15)などがある。

CLOSE

柳楽優弥

1990年生まれ、東京都出身。『誰も知らない』(04/是枝裕和監督)にて、第57回カンヌ国際映画祭最優秀男優賞を日本史上最年少で受賞。主な出演作に、映画では『星になった少年 Shining Boy&Little Randy』(05/河毛俊作監督)、『シュガー&スパイス~風味絶佳~』(06/中江功監督)、『包帯クラブ』(07/堤幸彦監督)、『すべては海になる』(10/山田あかね監督)、『許されざる者』(13/李相日監督)、『クローズEXPLODE』(14/豊田利晃監督)、『闇金ウシジマくんPart2』(14/山口雅俊監督)、『最後の命』(14/松本准平監督)、『合葬』(15/小林達夫監督)、ドラマでは「アオイホノオ」(14/TX)、NHK連続テレビ小説「まれ」(15)、舞台では、蜷川幸雄演出「海辺のカフカ」(12)、宮本亜門演出「金閣寺」(14)、蜷川幸雄演出「NINAGAWA・マクベス」など。公開待機作に、主演を務める『ディストラクション・ベイビーズ』(16/真利子哲也監督)など。

CLOSE

岸井ゆきの

1992年生まれ、神奈川県出身。ドラマ「小公女セイラ」(09/TBS)でデビュー。2014年に放送された、東京ガスのCMでリアルな就活生を演じ注目を集める。最近の出演作に、映画『銀の匙 Silver Spoon』(14/吉田恵輔監督)、『MIRACLE デビクロくんの恋と魔法』(14/犬童一心監督)、『流れ星が消えないうちに』(15/柴山健次監督)、『友だちのパパが好き』(15/山内ケンジ監督)など。舞台では、「サナギネ」(14)、「気づかいルーシー」(15)で主演をつとめる。

CLOSE

STAFF

監督/行定勲

1968年生まれ、熊本県出身。助監督として林海象監督や岩井俊二監督の作品に参加し、長編第一作『ひまわり』(00)が第5回釜山国際映画祭の国際批評家連盟賞を受賞し、演出力のある新鋭として期待を集める。『GO』(01)では、日本アカデミー賞最優秀監督賞をはじめ国内外の50の賞に輝き、『世界の中心で、愛をさけぶ』(04)が観客動員620万人、興行収入85億円、同年実写映画1位の大ヒットを記録。10年には『パレード』が第60回ベルリン国際映画祭で国際批評家連盟賞を受賞、国内外から支持を得る監督のひとりである。
他代表作には、『北の零年』(05)、『春の雪』(05)、『遠くの空に消えた』(07)、『クローズド・ノート』(07)、『今度は愛妻家』(10)、『つやのよる ある愛に関わった、女たちの物語』(13)、『円卓 こっこ、ひと夏のいまじん』(14)、『真夜中の五分前』(14)など監督作多数。
また、劇場映画にとどまらず、携帯動画配信BeeTV「女たちは二度遊ぶ」の制作や、WOWOW「平成猿蟹合戦」(14)で初の連続TVドラマの演出をするなど、メディアの幅を広げているほか、「ブエノスアイレス午前零時」(14)、「趣味の部屋」(13・15)、「タンゴ・冬の終わりに」(15)などの舞台演出も手掛けている。

脚本/蓬莱竜太

1976年生まれ、兵庫県出身。99年に劇団「モダンスイマーズ」の旗揚げに参加。以降、今まで26本の全劇団公演の作・演出を務める。劇団の近年の代表作に「デンキ島」三部作(02・05・11)、「夜行ホテル」(08・09)、「死ンデ、イル。」(13)、「悲しみよ、消えないでくれ」(15)など。次回公演は2016年4月予定(詳細は「モダンスイマーズ」ホームページ参照)。
映画の脚本に『ピアノの森』(07)、また劇団公演「五十嵐伝 ~五十嵐ハ燃エテイルカ~」(04)が『ガチ☆ボーイ』(08)として映画化された。TVドラマ脚本に「被取締役新入社員」(08)、「ザ・クイズショウ」(08)ほか。
劇団外の主な舞台作品に、「世界の中心で、愛を叫ぶ」(05/脚本)、「東京タワー ~オカンと僕と、時々、オトン~」(07/脚本)、「Triangle ~ルームシェアのすすめ~」(09/脚本)、「罪」(10・11/作・演出)、「エネミイ」(10/脚本)、「ポテチ」(10/作・演出)、「Triangle Vol.2 ~探し屋ジョニーヤマダ~」(11/脚本)、「ハンドダウンキッチン」(12/作・演出)、「木の上の軍隊」(13/脚本)、「夜中に犬に起こった奇妙な事件」(14/上演台本)、「ブレス・オブ・ライフ ~女の肖像~」(14/演出)、「正しい教室」(15/作・演出)、「漂白」(15/作)、「スコット&ゼルダ」(15/上演台本)など。行定監督演出作品の脚本では「パレード」(12)、「ブエノスアイレス午前零時」(14)がある。2009年、「まほろば」(08・12/栗山民也演出)で第53回岸田國士戯曲賞を受賞。人間に対する深い洞察力をもって、骨太でかつ繊細、かろやかな筆致で産み出される作品の数々で、今後の活躍がますます期待されている。

音楽/半野喜弘

1968年生まれ。パリを拠点に映画音楽からオーケストラ作品、エレクトロニクスミュージックにいたるまで、幅広く世界中で活躍する音楽家、アーティスト。ジャンルを超越した創作活動は、独自の存在感をもって常に斬新な感動を聴く者に与え続けている。『フラワーズ・オブ・シャンハイ』(98/ホウ・シャオシェン監督)では、フランスをはじめとする海外メディアから「新たな映画音楽作家の発見」と評価を受け、現代中国の旗手ジャ・ジャンクーとも『プラットフォーム』(00)、『四川のうた』(08)と、コラボレーションを重ねており、現代アジアを代表する監督達との共同作業が続いている。近年、担当した映画音楽としては『真夜中の五分前』(14/行定勲監督)、『マウンテン・メイ・デパー』(15/ジャ・ジャンクー監督)がある。初監督作品『雨にゆれる女』(主演:青木崇高/大野いと)が2016年に公開される等、その活動はグローバルである。

撮影/今井孝博

1970年生まれ。東京都出身。『共喰い』(13/青山真治監督)で、日本映画撮影監督協会第57回三浦賞・第68回毎日映画コンクール撮影賞を受賞。代表作に、ドラマでは行定勲監督とタッグを組んだ「平成猿蟹合戦図」(14/WOWOW)、映画では『東京プレイボーイクラブ』(12/奥田庸介監督)、『凶悪』(13/白石和彌監督)、『マダム・マーマレードの異常な謎』(13/上田大樹監督)など。

照明/松本憲人

1969年生まれ。京都府出身。代表作に、『ツナグ』(12/平川雄一郎監督)、『共喰い』(13/青山真治監督)、『謝罪の王様』(13/水田伸生監督)、『くちびるに歌を』(15/三木孝浩監督)など。

美術/相馬直樹

1964年生まれ。代表作に、『海猿 ウミザル』(04/羽住英一郎監督)、『交渉人 真下正義』(05/本広克行監督)、『20世紀少年 第1章・第2章・最終章』(08・09/堤幸彦監督)、『はやぶさ HAYABUSA』(11/堤幸彦監督)、『円卓 こっこ、ひと夏のイマジン』(14/行定勲監督)、『天空の蜂』(15/堤幸彦監督)など。

録音/伊藤裕規

1964年生まれ。代表作に、『世界の中心で、愛をさけぶ』(04/行定勲監督)、『TOKYO!』(08/ポン・ジュノ監督)、『今度は愛妻家』(10/行定勲監督)、『朱花の月』(11/河瀨直美監督)、『つやのよる ある愛に関わった、女たちの物語』(13/行定勲監督)、『円卓 こっこ、ひと夏のイマジン』(14/行定勲監督)など。

編集/今井剛

1969年生まれ。代表作に、『ひまわり』(00/行定勲監督)、「GO」(01/行定勲監督)、『世界の中心で、愛をさけぶ』(04/行定勲監督)、『フラガール』(06/李相日監督)、『陰日向に咲く』(08/平川雄一郎監督)、『悪人』(10/李相日監督)、『GANTZ GANTZ PERFECT ANSWER』(11/佐藤信介)、『るろうに剣心 京都大火編/伝説の最期編』(14/大友啓史監督)、『真夜中の五分前』(14/行定勲監督)など。

MUSIC

主題歌/ASIAN KUNG-FU GENERATION "Right Now"

1996年結成。メンバーは後藤正文(Vo,Gt)、喜多建介(Gt,Vo)、山田貴洋(Ba,Vo)、伊地知潔(Dr)。
2002年にインディーズで発表したミニアルバム「崩壊アンプリファー」をキューンミュージックから再リリースし、メジャーデビューを果たす。同年、現在まで続く“NANO-MUGEN FES. ”を新宿ロフトから立ち上げ、海外アーティストや若手の注目アーティストを招き、幅広いジャンルの音楽をファンに紹介する試みも積極的に行い、10年目となる2012年には横浜アリーナ2Daysを敢行するまでとなった。コンスタントな活動でこれまでに7枚のオリジナル・フル・アルバムをはじめライヴ盤や企画盤など多くの作品をリリース。デビュー10周年を迎えた2013年9月、横浜スタジアム2Daysライヴを開催。 2015年5月にロサンゼルスでレコーディングしたニューアルバム「Wonder Future」を発表した。
後藤が描くリアルな焦燥感、絶望さえ推進力に昇華する圧倒的なエモーション、勢いだけにとどまらない「日本語で鳴らすロック」でミュージックシーンを牽引し続け、世代を超えた絶大な支持を得ている。

TOP